先生の想い

今できること

出来ないことを取り上げて嘆くのは

なんの意味もないことです。

 

そのパワーがあるなら

出来ることを探す方が幸せです。

どちらにしたってパワーは使いますから。

 

自分の選択や考えが正解かどうか

それはわからないです。

わかるのはそうですね、、

きっと、ずーっと先?

「あの時の選択は間違っていなかった」

と思える時が来るのかな。そうぼんやり思っています。

 

ただ一つ、自信を持って言えるのは

一生懸命、真面目に、真摯に取り組んでいれば

それを見てくれている人が必ずいる。そういうことです。

 

助けてくれる手、声、、

「私でよければ」

「出来ることがあるなら」

この難しい状況に限らず、いつも私の周りにはそういう温かさがあって

ここまでバトンを続けることが出来ています。

私自身には大した力はないのですが、自分なりに一生懸命、やってきた。

人との絆を大切にしてきた。

胸をはれるのはそこだけ、です。

 

先週末のこと。

全く体育館が使えない私たちのために

お寺の本堂、良かったら使ってください!

 

そんなありがたいお申し出をいただいて、、、

 

ティノメンバー、本堂で久しぶりの再会!

とても意味のあるレッスンができました。

 

 

仏様に見守られながら

子どもたちが一生懸命練習する様子

 

このレッスンで得られるものの大きさ!!

子どもたちは気付いているでしょうか。

振付を確認したり、揃えたり、という

技術的なことだけではないのです。

 

当たり前なんてない。

厳しい状況におかれる時だってある。

それでもあきらめる必要はないんだよ。

出来ることを自分たちで探すんだよ。

言い訳をしてはいけないよ。

上達できるチャンス、続けられる工夫、

無限にあるんだよ。

 

気付いてほしい。そしてこれからの人生の糧にしてほしい。

バトンだけではなく、人生全ての場面で、きっと生きてくるから。

 

どんなことだって、うまくやりたいよね。

勝ちたいし、いい成績をおさめたいと思うでしょう。

みんなそうだよね。

神社やお寺で手を合わせて

「お願いします、勝たせてください。」

「お願いします。うまくいきますように」

でもお願いするだけ、手を合わせるだけ、祈るだけではダメなんだよ。

そこに向かって努力することが何より大切なんだよ。

 

住職さんがわかりやすく、丁寧に、子どもたちに語り掛けてくださいました。

 

コロナ禍でなければ、こういった状況は生まれなくて

辛い体験・厳しい時期から学ぶことの大きさを痛感します。

 

私自身にも言えること。

地域によって使える体育館もあり

私たちのように全く出来ない地域もあり

練習の格差、いわゆる教育や経験の格差が生まれる。。と

ネガティブに捉えてしまいがちだったのですが

今はどちらかというと、この状況にどうやったら勝てるか?

闘志がみなぎるというか、、やってやろう!という感じです。

動画と公園レッスンだけでも(笑)

ここまで成長できるんだ!って。

実際、そうやってうまくなっているメンバーがたくさんいます。

努力を積み、諦めない心を保ち、動画を撮って送ってくれます。

身をもって、その子たちが「可能性は無限大」を証明してくれています。なんと素晴らしいことでしょうか。

 

体育館が使えない立場、

言い方が適切かどうかはわかりませんが、立場的に弱者になって、はじめて見えてくるものがあります。

優位に立っていると見えないことがあって

今までの自分はどうだったのか、怖くさえなります。

当たり前に胡坐をかいていなかったか

傲慢になっていなかったか

何とかなるやろ、と軽く考えていなかったか、、

 

結果がでるコンテスト、金・銀・銅、というメダルの色ももちろん気になりますが、大切なのはそこまでの道のりなんです。

もし銅賞だったとして

「体育館なかったし、しゃーないやん」

と言い訳するのと

「こんな中でも、自分が考え付く最大限の練習をやりきったし、後悔はない!」

と思えるのと

 

どちらがその先につながるか

明白です。

言い訳するくらいなら、チャレンジしなければいいのですから。

 

 

今回も

「本人が納得のいく演技ができるよう、全力でサポートします」という保護者の方がおられます。

「一回でも多く経験を積んでほしいと思っています。」

「時間や体調の管理は、親が責任をもってやります」

「本人が好きでやっていることなので、見守っています」

そういった言葉を聞くたび、私は心の中で頭を下げます。

 

ありがたい、、本当にありがたいことです。

 

出張レッスンも、zoomレッスンも、保護者の方の協力がなければ成り立たないものです。

メンバーの頑張り、保護者の方の子どもを思う心、そして私やスタッフの先生の情熱。

今こそ、トライアングルをきれいな形に整えて

しっかり心と手を繋いで

本番までラストスパート、頑張りたいと思います。


延長宣言に思うこと

緊急事態宣言が延長されるようです。。

(正式発表はまだですが)

 

ずーっと考えています。

私たちのバトン活動はどうなるのか。

緊急事態宣言下の習い事ってどうあるべきなのか。

正解がわかりません。

 

学校はあるので、子どもたちの学びの機会は

ある程度保証されているのでしょう。

もちろん、様々な活動は中止だったり規模縮小だったり

本来の学びや経験とは程遠いと思います。

我が子のケースで言えば、学校は時差通学。

部活動も規模や時間を制限しながら続けられています。

 

学校や会社は動いている。

最低限、生活に必要だから。

子どもたちの学びの機会は保証されるべきだから。

では習い事はどうでしょうか。

必要?不要?なんなのでしょうか。

 

一年前の自粛の時と大きく違うのは、

「大半の社会が動いている(ようにみえる)」という点です。

私個人の考えですが、明らかにそう感じます。

緊急事態宣言って何なのかな??

毎日毎日、そう考えています。

徹底して自粛、ステイホームを求められていた一年前とは

街の風景も、人の考えも、行動も、全く異なります。

 

そんな中、私たちのバトン活動は完全にストップしています。

それは施設が閉鎖されているからです。

 

「感染予防対策のために施設は閉鎖します」

そう言われると、どうしようもありません。

緊急事態宣言の意味合いを私なりに正しくとらえて

その施設の判断にもちろん従うわけですが

ふと違う風景を見ると

施設が空いていて

習い事をやっているところもたくさんあるわけです。

感染予防対策をして行うのだから問題はないのでしょう。

実際、私も娘の習い事は普通に開講されているので通っていますし

感染対策に不安を感じたこともありません。

 

やれる習い事

やれない習い事

使える施設

使えない施設

 

私たちのバトン活動は、今、後者です。

こんなにも不安になるのは、社会から置いていかれる感が強いからだと思います。

 

ものすごく不安です。

夜もあまりよく眠れません。

 

場所がないなら、自分で探すしかない?

そうかもしれません。

じゃあ公園や河川敷でレッスンをします!

これる人集まって!!

声をかけたら、確実に人が集まります。確実に。

みんなバトンがしたくてしたくて

ずーっと我慢しているのですから。

でもそれって正しいの??

 

ここでまた出てくるわけです。

緊急事態宣言って何??

人を集めること自体がどうなの?

いいの?悪いの?

 

正解もなく、罰則もなく、モデルケースもないから

一人で悶々として道に迷いそうになって不安にとらわれる。

最近はずっとそんな感じです。

 

勇気をもって人を集める?その勇気って・・・

私には持てそうもなく

結果、なんとかして自宅にいながらバトンと関わる生活を

メンバーに提供しようと躍起になっています。

全く意味のない行動なのかもしれません。

しつこく続けている配信は、誰のためなのか

自分の自己満足?かもしれない。

それもわからないし、わからないことばっかり。

もう頭の中がぐちゃぐちゃで、心はずーっと重苦しいままです。

それでも、自分で自分を励ましながら

毎日を過ごしています。

 

勇気をもって他府県の体育館を確保して

メンバーを連れて越境したり

勇気をもってどこかに人を集めたり

とてもじゃないけれどできなくて

勇気の持てない私の団体に所属するメンバーは

学びの機会をどんどん失っていきます。

 

勇気のある先生が率いる団体とは

大きく学びも経験も異なるわけです。

 

そのことを考えるとまた不安になります。

メンバーに対する申し訳なさと

自分の不甲斐なさを痛感します。

でも施設がなぜしまっているのか?

そこに立ち返った時に

「集まらないようにするためでしょう」

と・・・

だから集めることができません。

 

万が一自分が感染していたら

万が一生徒が感染していたら

 

怖がっていたら何もできないという意見もわかります。

でも、、でも。ね。

真面目にとらえすぎなんでしょうか。

習い事で得られる、貴重な子どもたちの学びは奪われて・・・

でもルールだからと守っている私。

 

真面目にとらえて、真面目に自粛している人が結局損をするって

世間でよく言われていることが

なんだか急に現実味を帯びてきた気がします。

 

期間がわからないのも不安をあおる一つの要因で

5月中旬までの我慢。

5月末までの我慢。

そう思っていたのが

6月20日まで(多分)・・・

そこで終わるの?また延長ということもありえる・・・

 

もう少しの我慢,今はみんなで我慢しよう!

そうメンバーを、自分を、励ましてここまでやってきたけれど

いったいどこまで、いつまで、我慢すればいいのか

 

怖がらずに人を集めてバトンをしてみたら

案外スッと心も体も楽になるのかもしれませんね。

どちらの道を選んでも、

必ず賛否両論あるでしょう。

それもわかっています。

 

使える施設もあれば使えない施設もあり

学べる生徒もいれば、学べない生徒もいる。

これって教育格差とちょっと似ている?

その格差を生み出しているのは私自身なのでは?

そう考えてしまうと、体中の力が抜けるような・・・

 

バトンは継続して、初めて成り立つ芸術スポーツです。

他のスポーツや習い事も同じかもしれませんが、

各自が今のレベルになるまで、時間と努力を重ねてきました。

個人でもそうですし、フェニックスバトンチームとしても同じです。

歩みをとめる怖さ・練習をしなければどうなるか

私自身が一番よくわかっています。

それでもみんな我慢しています。

我慢我慢の連続です。

学校以外に自分を表現したり、パワーを発散する場がなく、

メンバーもきっとストレスがたまっているでしょう。

保護者さんの立場から見ても、それは同じだと。

 

メンバーは

何を目指してやっているのか、見失ってもおかしくありません。

 

保護者さんは、子どもにどんな声掛けをして

どんな風にモチベーションを高めていくか

きっと不安な日々を過ごされていると思います。

 

そもそも高さや広さが必要なバトン、

オンラインにも限界があり

それを理由にしてはいけないと思いながら

出来ることの限界を感じて・・・また不安になります。

 

再開しているチームもあれば、

うちのようにストップしているチームもあり

 

不安やったらやればいい、と言われそうですが

できない・・・できないからまた不安、、

でもできない・・・何をしたらいいのやら。

どこへ進めばいいのやら。

この魔のサイクルに落ちています。

 

6月19日には京都の高校生のコンテスト

6月20日には関西のバトンコンテストが予定されています。

 

高校コンテストについては、全国大会に続くものなので

緊急事態宣言中でも開催が認められているのだとか。

満足な練習は全く出来ていませんが

そんな中でも大会があることに感謝、なのでしょうね。

特に高校生、部活動は時間的制限があるので

この大会が最後になる子たちを思うと・・・

 

20日についてはどうなるか現時点では全くわかりません。

 

「頑張って練習してきた子たちのために、ぜひ開催を」

「4月末から一度も体育館で練習していないのに、本番を迎えること自体が無理」

「今出来ることだけでもいいから、本番経験を積むことが大切」

「そもそも集まっていいの?」

 

10人いれば10通りの意見があり

どれが正解ってないんですよね。

本当に悩ましい。心が休まりません。

 

フェニックスでもシュシュでも

コツコツと動画レッスンを積んできた子もいますし

その子たちのことを思うと開催してほしい、、

でも種目や級によっては、自宅では限界があり

ほぼレッスン出来ていない子もたくさんいる、、

 

団体長としての立場

保護者としての目線

メンバーの気持ち

色々考えると、また心がざわざわします。

 

初めての緊急事態宣言から、約一年

その間、いったい何をしていたのか

何の対応もできていないし、結局あたふたしているだけで

ニュースで政府や企業がそう批判されているのを聞くと

自分のことを言われているような気になります。

同じですね。

これといったオンライン対策もできないままで

「さすがにそろそろ落ち着くだろう」

そういった甘えがあったのも事実です。

自分の弱いところがでたな、、と感じています。

 

それでも、私自身が道をしっかり示さなくては

小さくても、一つの団体の代表者として

それはメンバーと保護者さんに対する責任だと思っています。

考えを貫くことは容易ではありませんし

ダラダラ書いたように実際不安に付きまとわれています。

常に何かしら不安と苦痛がつきまといます。

それでも、私自身が思う「正しい緊急事態宣言中の過ごし方」

 

もっと違うやり方はないか

リスクを抑えて

みんなの学びの機会を確保しつつ

バトンをやっていてよかった!そう感じられるような時間の提供

考えろ・・・考えろ・・・by突破ファイル

 

また、眠れない夜が明けました。

 

今日は京都府バトン協会のオンライン総会があります。

他のチームさんの様子を色々とうかがいつつ

少しでも前向きなブログがかけるように

背筋をシャンと伸ばして参加して来ようと思います。


好きがあれば

この時期がやってきました。

チーム開始!!

 

昨年は、コロナの影響もあって

いつ始まっていつ終わったのか、、

なんだか一年があっという間で

時間がものすごくあったような、全然なかったような、なんとも不思議な感覚でした。

 

今年も、フェニックスからは3チーム。作品を作って大会に臨みたいと思います。

 

ティノ・ジュニア!!

小人数ですが、みんな元気いっぱい!とっても仲良し!!

毎年のチーム経験が、一人ひとりの様々な成長につながっていると実感します。

まだまだ技術的には発展途上のメンバーたちですが、

チームに対する意気込みは、お姉さんたちに負けていません!

 

 

ジュニア!!

今年はガラッと雰囲気を変えて・・・

私自身が初めて取り組む作品のテイストです。

不安よりもワクワク!あれもやってみたい、こんなこともやってみたい

チャレンジの一年になると思います。

 

 

シニア!!

3チームの中で最大人数!

今年は、ジュニアから上がってきてくれたメンバーや、

進学のタイミングで帰ってきてくれたメンバーがたくさんいます。

平均年齢も(若干!)下がりました(笑)!!

曲はしっとり、、でも熱量はグンと高く!

完成が今から楽しみです。

 

 

学びの機会は様々なところに転がっています。

チームの取り組みは楽しいですが、同時に責任が発生します。

自分の行動はチーム全体の行動となり

自分のミスはチームのミスとなります。

それを肌で感じて、初めて人は「責任の重さ」を痛感し

自分の行動に責任を持たないといけないんだ、、と知ります。

それって大変だからやめよう、と思うか

それを理解し、責任を全うし、みんなと共に歩みたいと思うか

大きな大きな分かれ道です。

 

 

チームに長く取り組み、その責任を果たしてきたシニアメンバーたちは

人間的にも本当に優れているなと感じることも多くて

私自身が見習うこともしょっちゅうです。

ジュニアはそんなシニアをみて

ティノはジュニアをみて

幼児さんや一年生さんはティノをみて

これは、私が言葉で教えられない、、もっと奥の深い大切な、何か。

 

習い事の一つである、バトン

そこから何を学び何を得て、どんな人間になっていくのか

 

「バトンをしていてよかった」「バトンのおかげで身についたことがある」

こういう言葉を折に触れて聞けることは本当に幸せです。

もちろん、楽しいことばかりではないですし

バトンの練習時間を生み出すために我慢していることや、あきらめたこと、

きっとみんなあると思うのです。

時にはバトンがあたったり、怪我をしたり、出来ない苦しさにとらわれたり

でも、「好きだから」頑張れる。その思いがきっとメンバーの根底にはあるんだろうな。

そう感じます。あえて聞いたりしませんが、、きっとそうだと信じています。

みんな、バトンが大好きなんだと。

 

私自身が、そうですからね!

毎日色々ありますし、しんどいな、、やめたら楽だろうなぁ、、と思うことも(;^_^A

でも、実際にやめることなんて想像が出来ません。

周りからチクチク嫌なことを言われても、結果が出せなくても、

やっぱりやめられないんですよね。好きだから(#^.^#)

 

それでいいと思っています。

まずは、好きが一番大切!!

みんなの好きがあり、そこに愛があり、仲間が集い、輪が生まれて

それでいいじゃない(#^.^#)!!

 

 

またコロナが心配な状況になっていますが

「出来ない、、」と嘆くのではなく

「この中で出来ること」をコツコツと。


2020年度末発表会

週末は2020年の年度末発表会!

無事に終了することができました(#^.^#)

 

 

2019年の年度末発表会は、

コロナの影響で開催直前で中止、、そこから長い自粛期間が始まりました。

 

今年も色々と制限のある中でしたが、

みんなが「今できること」「どうしたらできるか」を真剣に考えて

工夫と努力を重ねてくれたことにより、とても素晴らしく意味のある会を

開催することが出来ました!

 

スタッフの先生たち

参加にご理解くださった保護者の方々

明るく前向きに取り組んでくれたメンバーたち

配信を見てくださった全ての皆様

 

本当にありがとうございました!

 

みんなが「好き!」でやっているバトン活動ですが

やはり応援していただく声がこちらに届くことや

見ていただける幸せなど、、

それがないと、続けるモチベーションが上がらないのは事実です。

 

司会はおなじみの二人(笑)

そろそろ場つなぎネタも尽きてきそうなので

次回は何をしようかな。。

サプライズの仕込みが必要ですね( ̄▽ ̄)

 

 

みんな美人でとってもクレバーで

何より人間的にとても素晴らしいと

どこに出しても恥ずかしくない自慢のシニアメンバーたち

身内をほめ過ぎですか(笑)?

本心だから仕方ない!

どんな習い事やスポーツでも、年齢が上がるほどに続けることは難しく

人生の中で「仕事」「家庭」が優先になり

自分のしたいことだけを優先する生活は、なかなかかなわなくなってきます。

体を休めるためにある社会人の有給休暇、遊びも休息も取りたい中で

「バトンに行くのが楽しくて仕方ありません!」そういって通ってくれるメンバーたち

本当にありがたくて・・・

例え取り組むペースや形が変わっても、いつもバトンがみんなの人生にあるように

バトンから離れた後も、バトンで得た財産が人生を支える糧になりますように

 

15周年の発表会は、私もシニアメンバーと一緒に踊りたいなぁ(笑)。。

それくらい、踊っているのを見ていると楽しそうでキラキラしています。

 

ジュニアさんはシニアさんに憧れて

ティノさんはジュニアさんに憧れて

幼児さんはティノさんに憧れて

 

私たちのバトンの輪が大きく広がり、長く続きますように

 

今回、司会の材料にするために、メンバーにアンケートを取りました。

最初は「少し材料があればいいかな~」くらいの気持ちだったのですが

みんなの書いてくれる内容が素晴らしく・・・

メンバー内だけですが、共有させてもらうことにして、冊子にまとめました。

「座右の銘」「私の大好き!」「バトンで身についたもの」などなど

特に、シニアの持つバトンに対する考え方や、長く続けていく秘訣など

それらはジュニアがこれから歩むバトン人生の参考になるだろうなと感じます。

「バトン」だけを見ると、私たちは小さな団体ですし、本当に狭い世界なのですが

そこにとどまらず、そこから広がるものに目を向けて

活動で得られたものを人生にどうプラスに生かせるか

お手本や参考にできる人が身近にいるのは、とても素晴らしいことでは

ないでしょうか。

 

本音を言うと、私もメンバーやスタッフの先生のお手本になるべきだと

常々思ってはいるのですが、とてもとても。

毎日をなんとかミスなく(スケジュール段取りなどなど)生きていくことで

精一杯!?という、情けない過ごし方をしています。

こんな生活を見ていると、誰も「バトンの先生になりたい!」って言わないよね、、

いつもそう感じてしまう。

もう少し余裕のある生活をしたいのですが(苦笑)

 

 

一年間、本当にお疲れ様!の意味をこめて

私からメンバーにはベストショットのポストカードと

缶バッジをプレゼントに用意しました。

 

 

一人ひとりのベストショットを選ぶのには時間がかかりますが、

2020年度は行事が少なかったので、、写真も少なくて残念だったなぁ、と。

2021年は、たくさんの写真と思い出を残したいと思います!

 

缶バッジのデザインは、敢えて「ゆるゆるフェニックス」!

頑張り過ぎず、無理し過ぎず、肩の力を抜いて私たちらしく。

これからも楽しく頑張っていこう!そんなメッセージを込めました。

 

最年少の3歳児さんから社会人まで

可愛くキラキラした姿を見せてくれてどうもありがとう!

2021年も頑張りましょう!

 

終わった後には、シニアメンバーからサプライズプレゼントをもらいました。

 

心のこもったメッセージと、チームの写真入りボトルに入った梅酒!

勿体なくて飲めません(飲むけど)。

良いチームに育っているのは、作品を作ってくれるスタッフの先生と

中心になってチームをまとめてくれるリーダーさんのおかげです。

そしてまっすぐついていくことができる、メンバーの心のおかげです。

 

バトンが上手になることも大切ですし

結果にこだわることも大切ですが

それが最優先ではないと思っています。

それよりも大切なのは、みんなが自主的に。イキイキと。

心から楽しみ、努力し、周りに感謝をして

自分の頭で考え、心で動いて、バトンに取り組めることです。

 

バトンは上手だけど、、、他はね。

そんな人間になってほしくありません。

 

色々遠回りなのかもしれませんが、これが私の考える「歩むべき道」だと。

 

 

フェニックスバトンチーム

2021年も、私たちらしく

軸を大切に・・・取り組んでいきたいと思います!

ご声援どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 


宇治市おうえんチャンネル

https://www.youtube.com/watch?v=eG2z0wh-GIw

 

この度、宇治市の「文化芸術を応援しよう!」という企画に参加させていただきました。

フェニックスバトンチームの紹介動画が掲載されています。

ぜひご覧ください!

 

また、他にもたくさんの文化芸術活動がさかんに行われている様子が

取り上げられています。

 

コロナ禍で、舞台発表の機会がことごとく無くなってしまった2020年でしたが

こうして前向きに活動している団体がたくさんあることを知っていただきたいと思います。

 

2021年度も、無理せず焦らず丁寧に。

活動を続けていけるよう、スタッフの先生・メンバーの力・保護者の方のご協力をいただきながら

がんばっていこう。動画を見ていると、そんな思いがわいてきます!

 

 

今後ともフェニックスバトンチーム、応援よろしくお願いいたします(#^.^#)


積み重ねの先に

積み重ねの先に咲く花ほど、美しいものはないと思います。

私がバトンを始めたのは中学生の時ですが、その時はバトンをクルクル回す先輩の姿を見て

一気に心が奪われて、、「魔法?吸い付いてるの??何あれ!?!?」

今でもその時の衝撃を覚えているくらい、強烈なイメージでした。

(ちなみに、ただのウォーミングアップを見ていただけなのですが、それでも素人には衝撃!)

 

そこから長い長~い年月を経て・・・

私自身は個人の選手として活躍するようなバトン人生ではありませんでしたが

所属してきたチームはどこも素晴らしく、たくさんの先輩後輩同期に恵まれ

指導者の先生との出会いがあり

たくさんの経験をさせていただき、今があります。

 

私が不器用なりに積み重ねて、ここまで続けてきたものが、今のフェニックスバトンチームです。

幼児から大人まで、年齢もレベルも目的も本当にバラバラなのですが

「個」が集まり、一つの形になっています。

 

周囲から見た時に、どのような花に見えるのでしょうか。

不揃い?退屈?古臭い?つまらない?楽?

個性的!刺激的!斬新!おもしろい!努力!

私の願いは、、

しっかりした土壌に深い根を張り、浮き沈みや豊作不作はあっても、

長く長く咲き続ける花であってほしいということ

 

バラバラをまとめるのは大変でしょう、と時々言われることもありますが

実際そういった苦労はほとんど感じたことがありません。

「個」を認める。その思いがあるからでしょうか。

なぜやるのか、ニーズはどこにあるのか、誰だって考えると思いますし

そこに意味が見いだせなければ、習い事という分野はあっという間に切り離されて

生活から消えていきます。

 

これほど長引くと思っていなかったコロナの影響をまともに受けて

出来ない、集まれない、楽しくない、続けている意味がない、、と心が離れがちになるのは

人間なら当たり前の事かもしれません。

私自身、前向きにあれこれ活動しよう!と思っていても、

時々「限界もあるのかな、、」と弱気になることもあります。

 

でも積み重ねる過程には、こういった厳しく難しい時期もあるのだと。

ここを乗り越えさらに積み重ねるから、咲く花はより美しくなるのだと。

今、上に咲かせる花ではなく、地に深く根を張る時期なのだと。

言い聞かせながら日々を過ごしています。

 

長く会えていないメンバー

選手権大会に向けて変わらずコツコツ積み重ねるメンバー

通常レッスンを自分のペースで続けているメンバー

どんな時でも前向きにサポートしてくれるスタッフ

支えてくださる保護者・ご家族の皆さん

応援してくれるたくさんのOGさん達

 

衣装を着て、フロアに立ち、拍手を浴びるのは

躍り手自身の努力があることはもちろんですが

それでけではなく、上に書いた人たちの大きな後押し・サポートがあるからです。

本番を迎えるメンバーには、そのことを絶対に忘れてほしくないですし

目に見えないその応援を力に変えてほしいと思います。

 

逆サイドから見て・・・

大会に参加しないメンバーにも様々なことを「他人事」ではなく

頑張っているメンバーがいることを常に感じていてほしいですし

その姿を同じチームメンバーとして誇りに思い、応援する心を育ててほしい。

そう願います。

 

困難な時代であっても、私がパワーをもって前進できるのは

本気で取り組んでいるメンバーの姿を常に見ているからです。

その熱量をたくさん感じるからなんです。

そこにネガティブな感情はなくて、

「バトンが好き」「仲間が好き」「バトンを通して成長したい」

メンバーにも、私にも、その軸があるんですよね。

 

自分だけではなく、この活動にはたくさんの人が関わっていて

その関わり方は多様で

多様が認められ、個が大切にされ

個が集まればチームになり

チームの活動も多様が認められ

視点を変えればどんなことでも前向きにとらえられ・・・

 

多様を認める。違いを認められる。

そして認めてもらえる喜びを忘れず、自身の努力を怠らない。

この思考を養うことは、バトン活動だけでなく全ての生活に通じ

いずれ大人になり(もう大人の人もいっぱいいますがww)社会に出た時に

必ず自分を助けてくれると思います。

多様を認められる人は、少しのことではぐらぐらしません!!

 

選手権関西大会まであと2週間。

本気で取り組むメンバーの姿を見て、色々なことを考える週末。

今日は久しぶりに9~20時体育館にこもります!

さぁ、私自身も積み重ねを続ける。綺麗な花を咲かせるために頑張ります(#^.^#)

 

 

 

 

 

 

 


心を鍛える時期

久しぶりのブログ更新です。

書きたい気持ちはあるものの、、

スクール全体で見るとバトン活動のペースが落ちていることもあり

なかなか書く気持ちが起きない。これが正直なところでしょうか。

 

緊急事態宣言が延長され、体育館の使用制限も同じように延長・・・

出来ることにも限りがあるのかな、と気弱になりがちですが、

少しでも何か希望を探してやっていくしかないのだろうと思います。

 

今月末に本番を控えた選手権メンバーは、変わらずコツコツと取り組んでくれています。

また、次の目標をしっかり定めてレッスンに取り組んでくれている多くのメンバーたち

バトンが出来る環境を無くしてはいけない、なんとかやりがいを持ってもらいたい

その気持ちが大きいです。

 

色々工夫を凝らしてみても

結局は「本番、本当にあるのかな」「大会は出来るのかな」「年度末発表会あるのかな」

心の片隅でみんなが同じように不安を抱えていて

 

本番は会場が使えるとしても、そこに行くまでの練習ができていないのに、、、

そんな不安もあり

 

これはあくまでも個人的な考えですが

やらない・出ない・諦める選択ができると楽だろうな、とも思うのです。

でもきっと

「楽」はその時だけのことで

そのあとからやってくる後悔や痛みのほうが大きいことはわかっていて

だからやめられないのだろうな。そう思います。

命を守るのは最優先、そのために心を強く持ちレッスンも減らし、

悶々としながら家にこもる生活を続けています。

 

気弱になりがちな私を励ましてくれるのは、やっぱりメンバーの頑張っている姿で

春の自粛期間と違い、外での練習が厳しい季節にも関わらず

雪のちらつく中、、寒い河川敷、、色々な場所で、自主レッスンした動画を送ってくれます。

 

そこに対してのフィードバック

手間は全く感じることなく、それよりも愛情があふれて仕方がありません。

フィードバックなので指摘が多くなるのは当然なのですが

この取り組みをしてくれたこと、バトンを諦めない努力をしてくれること、

そこへの感謝をどう表したらいいのかな。そう思いながらフィードバックを続けています。

 

選手権メンバーも、シニアメンバーも

もちろんジュニアメンバーも

動画での進捗状況報告は強制ではありませんが

毎日、本当に色々なメンバーから動画が送られてきて

そのたびに「あ、下向いてたらあかんな!出来ること前向いてやらないと!!」

私をそんな気持ちにさせてくれるのです(#^.^#)

 

この期間に何か出来ることはないですか

zoomつないでミーティングしましょうか

出来ることがあったら言ってください!

 

そういってくれるスタッフさんの力強い言葉

私だけではなく、スリーバトンの指導はそこに特化した先生が

練習の内容や今後の計画、事務的な作業を快く引き受けてくれる先生もいて

そのたびに「一人じゃないな」と心強くありがたく感じています。

 

これ、、一人でやっていたらとっくの昔に「やめる」選択をしていたかもしれません。

10年以上歩んでこられたのは、スタッフの先生やメンバーの頑張りと

保護者の方のサポート・ご理解があったからこそで

 

信じてついてきてくれる人達のためにも、立ち止まっていられないな。

 

先の見えない不安はまだまだ続きそうですが

こういった大切なことに頭が巡るのも、時間がある今だからこそ。

活動するうえで絶対に忘れてはいけない、大切な部分だと思うのです。

心を鍛える時期、そうとも感じます。

 

一つの出来事だけを見て、心がぐらぐらしないように

何事も点ではなく、線で見て理解できるように

批判ではなく認め合えるように

 

頑張ろう。頑張ろう!!


あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

すでに4日!今年も時の流れは早いなぁ、、そんな実感です。

 

昨年中は大変多くの方々にお世話になりました。

フェニックスバトンチームにご声援・ご協力・ご支援いただいた多くの皆様に

心よりお礼申し上げます。

また、困難な状況でも諦めることなく、バトン活動を続けてくれたスタッフ・メンバー、

支えてくださった保護者の皆さん、本当にありがとうございました。

どうぞ本年もよろしくお願いいたします!!

 

フェニックスバトンチームは、活動理念を大切に、常に安心安全な環境のもとで

バトンが出来るように、2021年も精進してまいります。

 

さて。今年は寒いお正月でしたね。

皆さんはどんなお正月をお過ごしでしたか??

私は完全に仕事のない日も多く、あえてバトンを持たない日も作り、

いつもより家族と過ごす時間が長いお正月だったような気がします。

密を避けるために初詣も行くかどうか迷いましたが・・・

母子ともに運動不足解消を兼ねて、近くの神社にでかけました。

 

毎年恒例のショット!

 

 

飛び跳ねるサワツグミww

明るく天真爛漫に育ってくれてありがとう(#^.^#)

 

ちなみに、これは4年前・・・

二人とも小さい!!

これから何年、こうして二人の後ろ姿を見守れるでしょうか。

いつ終わりが来ても後悔しないように、一日一日大切にしたいです。

 

 

動画サポートレッスンはお正月も関係なく、早速スタートしているメンバーもいます!

自分の時間を見つけて、余裕がある時に出来るのが動画レッスンの良いところ。

お休みだからこそ出来ることもたくさんありますし

このあたりの考え方は、自粛期間に私だけでなくメンバーみんなが身につけたことだと思います。

私も運動不足にならないように、頭と体から基礎トレーニングが抜けてしまわないように

振付が飛んでいかないように

子どもが寝静まった夜中にイヤホンをつけて踊ったり・・・

 

どんなことでも継続と努力を忘れないように、ですよね(#^.^#)

 

今年のテーマは

「I respect myself」

「Wanna be myself」

どうしても他人からの評価、どう見られているか、気になることが多いのですが

ゼロにするのは無理でも、自分が考えて貫く道に自信をもって・・・

自分を大切にすること、自分を認めること、一番苦手なことなのですが(;^_^A

今年は意識をして取り組んでみたいと思います。

 

明日からレッスンスタート!

一人ひとりが、それぞれの目標に向かって

「バトンが大好き」その思いを持ちながら成長してくれるように・・・

環境作り、真摯に向き合うこと、忘れずにスタートします!

 


クリスマス

一日過ぎましたが

皆さん、良いクリスマスをお過ごしでしたか(#^.^#)?

 

私は、もちろんレッスンです!

クリスマス??なんのことでしょうww

いよいよ明日に迫った京都府バトントワーリングコンテスト・選手権大会にむけて

選手権出場メンバーがレッスンに励んでいます。

 

今回はコロナ対策で、コンテストは初の動画審査になります。

すでに撮影も終え、DVD化も無事に完了し、明日の審査を待つのみ・・・

19日に撮影を終えたのですが、その後も積極的にレッスンに来てくれるメンバーが多く

とても嬉しいことだと思っています。

一つ終わったからそこで長期間の休憩~、ではなく、

何事も継続する心を忘れずにいてほしいと思います。

結果がまだ出ていないから、次は何をしようかな??というメンバーも多いかと思いますが

復習も良し!予習も良し!!出来ることはたくさんあります。

 

昨日の練習の一コマ

 

この写真。好きだなぁ。。

全員の通し演技が終わって、集まって話をしているところなのですが

皆の笑顔が素敵ですね。

ミスもあるし、注意も受けて、まだまだだな、、と感じることもあると思いますが

それでも笑顔。テンションが下がらず、前に進むパワーにあふれているなと感じます。

 

個人的な考えですが

選手権大会=妥協なくやるもので辛いもの、しんどくて孤独なもの

ではないと思っています。

「甘い!」という意見があることも承知していますが

やっぱりね、、好きじゃなければ頑張れないと思うんですよ。

もしバトンが好きじゃない、、としたら

頑張るパワーはどこからわいてくるのかな。単純にそんな疑問がわきます。

誰かに勝つため?一位になるため?タイトルのため?

そこで得られる満足感??

怒られないため?先生や親にほめられたい??

なんだろう、、

頑張るパワーの源は人それぞれだと思いますが

私は関わる生徒に「バトンが好き」を絶対に忘れてほしくないと思っています。

だから勝てない、なんていうのは言い訳で

好きでも勝つ道が必ずあると信じているから。

だから理念を変えずに日々こうしてバトンに取り組むのです。

 

生徒の笑顔、やりがい、達成感、

苦労して苦労して出来るようになる過程、

我慢して見守って支えて励まして

認めて指摘して気付かせて、スモールステップを大切にして

 

その活動理念、そこを信じてついてきてくれる生徒たち

努力を積み重ねてここまでやってきました。

受験生でも、遠方からでも、忙しいスケジュールでも、初めてで不安でも

言い訳せずに歩みを続けたメンバーを誇りに思います。

明日の選手権大会でどう花ひらくか。。

今からとても楽しみです!

 

フェニックスバトンチーム・ジュニア

京田辺バトントワリングクラブ・シュシュ

頑張るメンバーに、ご自宅から大きなご声援をお願いします!

 

私は運営のお仕事をしっかりと、、

初の動画審査がどうかスムーズに進むよう、

今からもう一度シュミレーションしたいと思います(#^.^#)

 

 

 


だんだんと

12月も後半に突入し、指導させていただいている団体でもレッスン納めがちらほら。

「今年もお世話になりました!」

「来年もよろしくお願いいたします。」

「よいお年をお迎えください」

この時期ならではの挨拶ですね(#^.^#)

 

フェニックスバトンチーム・シュシュ、学校団体は

まだまだレッスンを残していますが

確実に年末が近づいてきているのを感じます。

 

幼稚園レッスンは、残すところあと一回!

新作2曲、振付やりきりました!!

なんとか一区切り・・・で年を越せそうです。

 

 

バトンを持っていませんが、これは年度末発表会のエンディング用に作っているダンス!

バトンを持つと振付にも制限が出てきますが、ダンスなら何でもできますね~。

思い切って「愛嬌」投入!!(スタッフからの批判の声が届くかもww)

 

いいんです!みんな可愛いから、愛嬌なんてしたらもう、、先生メロメロです。

あぁ、可愛い!!

 

本当はシニアもジュニアも新曲に取り掛かりたいところなのですが

今はコンテストと選手権に集中したいので。。しばらくお預け。です。

振付は出来ているのですが、、

私の記憶容量にも限界があるので、本音を言うと早くうつしたい!

忘れてしまわないように、日々一人で踊っています。

 

韓国アイドルさんに沼落ちした話は先日書きましたが

いやいや、、こんなに変わるものか??と思うくらい、自身の生活が一変しました。

愛の力はすごいですww

 

どう変わったのかを書くときりがないのでやめておきますが(笑)

100%良い影響で、良い方向に変わったのでご安心ください!

周りからは「ここまでとは・・・」なんて言われていますが(;^_^A

 

残りの人生がどれくらいかはわかりませんが

ここまで「好き」を感じられるのは、もう二度とないと思います。

断言できるくらい、深い愛です!!

そしてその愛が、たくさんの良い影響を与えてくれて

バトンにも大きく大きく彩りを添えてくれているのです。

ここがポイントですね~。

 

私の人生から切り離せないバトンに、好きなものが与えてくれる影響の大きさ!

何かに導かれたとしか思えません。

 

どんなにしんどい時でも

辛いことがあっても

「歩みをとめないで」「勇気をもって」「何かあったら守ってあげるよ」

そんなメッセージを、歌や様々なSNSを通して発信してくれるアイドルさんのおかげで

「よし、がんばろう!」と思えるんですよ。本当に!!

自分らしく、自分を大切に、自分を愛して

そこ・・・ですよね。

 

出来ないことも劣っている点も山ほどありますし

「好き」って何??なんて考えだしたら奥が深すぎますが

好きなもの(私の場合は家族・バトン・推しさん)があり、

好きな人がいて

好きなものに囲まれて

好きな人のことを考えて

好きな人のために尽くして

好きな人に喜んでもらえて

みんなで好きを共有して

好きなものに感謝して

好きを貫ける

 

 

この幸せ!!

 

わかる人にしかわからないのかもしれませんがww

私は、「好き」に胸をはれる人間でいたいなと思います。

 

コンテストの動画撮影まであと3日!

選手権まではあと10日!!

パワー充電させて、、乗り切ります(#^.^#)

 




instagram


goheader